2013年6月30日日曜日

【とび森】自宅内温泉計画、ほぼ完成! の巻

『とびだせ どうぶつの森』プレイ日記 235日目

かねてより進めてきた、デジマン宅地下のバスルームを充実させる計画ですが、いちおうの完成を見ましたので、ここで披露させていただきたいと思います。
コンセプトとしては「スーパー銭湯」のような、お風呂とリラクゼーションを融合させた部屋を目指しました。

真ん中には、露天風呂と洗い場を配置しました。黄色い桶と、積まれたイスが雰囲気を出してますね。それから、これはほかの湯船にも言えるんですが、湯気の表現がないので、ただ水がたまっているだけに見えちゃうのが残念ですね。

ノーマルの湯船に加えて、ひのきと大理石の湯船と、ぜいたくにも3つ並べてみました。中に入れないのが、ホントに残念。

大理石風呂のそばには、シンガポールみやげのマーライオンを設置しました。口から出る水は、湯船の中には流れ込んではいないのですが、雰囲気は出ていると思います。

洗い流し用のシャワーもあります。そばに置いた「ねこあしバスタブ」は、大理石製にリメイクしました。

いちおうこの部屋はバスルームなので、トイレもちゃんとあります。パーティションで区切って、外からは見えにくくしていますが、欲を言えば室内で使えるドアのようなアイテムがあればいいんですけど。

そして、ここが風呂上がりにくつろげるスペースです。マッサージいすに牛乳ケース、体重計などを置きました。ちょっと見えにくいですが、壁には扇風機付きです。

ここが洗面台です。あんまりいいアイテムがないので、最後までずいぶん悩みました。

壁紙が真っ白でシンプルすぎるので、今後いいのがあれば交換したいですね。でも自宅内温泉ルーム、とりあえず完成です!


その他。


船乗りジョニーからのペルーみやげは、「アルパカの毛」で作られたという「タペストリー」です。リサイクルショップに売りにいったら、いったいどんな顔をされるんでしょうか。


最近、立て続けにリメイクをやっていたら

バッジおじちゃんに遭遇。ずいぶんごぶさたですね。




今回は、「リメイクビギナー」のバッジをもらいました。家具のリメイクは、オリジナリティをアップさせるのにもってこいなので、これからもどんどんやっていきたいですね。

バッジをくれたパロンチーノさんが、カフェでひと休みしていました。

 
自分から、夢中になって楽しんでいるプレイヤーを応援しているのが、バッジおじちゃんなんですね。
そういえば、最近パチンコ使ってないなあ……。また、持ち歩いてみようかな?


めずらしく、デパートにマーサたん。正直、テレパシーっていうよりただ偶然出会っただけだと思うけどね。


明日、この村を出ていくしもやけに、最後のあいさつをしにいきました。

見かけによらず、SFチックなカッコいい部屋に住んでいたおしゃれさんのしもやけ。またいつでも遊びにこいよ。


以上です。



今日で6月も終わり。いよいよ7月、夏本番ですね!

はい。

1 件のコメント:

  1. 初めまして。とびもりでお風呂を作ろうと思ってググっていたら見つけました。
    リメイクで檜風呂とかすごいですね!
    あと、村の名前ってキングニャム村ですか?今日すれ違いの展示場を見ていたら、このブログとほぼ同じ部屋が出てきて驚きました!リメイクの風呂桶とかマーライオンとかあったのでおそらくそうだと思います。
    どこかですれ違ったのかもしれませんね。
    びっくりしたので思わず書き込んでしまいました。

    返信削除